スポンサーリンク

セブンイレブンのCMが神曲だったので歌ってみたの“デイ・ドリーム・ビリーバー”がいい曲だし、弾き語りのたまさんもいい味出してる♪

スポンサーリンク
セブンイレブンのCMが神曲だったので歌ってみたの“デイ・ドリーム・ビリーバー”がいい曲だし、弾き語りのたまさんもいい味出してる♪

忌野清志郎さん作詞の「デイ・ドリーム・ビリーバー」
セブンイレブンのCMで流れていますよね。

あれはCM用の曲というわけじゃなく、忌野清志郎さんの曲というわけでもなく、
ザ・モンキーズというアメリカのアイドルグループの「Daydream Believer(邦題:デイドリーム)」が原曲です。

さてさて、
どんな曲だっけ?
どんな歌詞だっけ?

スポンサーリンク

顔がうるさい弾き語りのたまさんのデイドリームビリーバーが泣ける

「顔がうるさい」ってどういう事だろう?と思っていましたが、表情が豊かだってことなんですね(´・∀・)b

逆にこの表情が曲の良さを引き立ているような気もしてとてもいい感じです。

意味を考えて聴くと泣けてきますね(´;ω;`)

 

映画「ひるね姫」の主題歌もデイドリームビリーバーでした

アニメ映画『ひぬね姫~知らないワタシの物語~』の主題歌もデイドリームビリーバーでした。

歌っているのは高畑充希さんですね。

主人公の高畑充希さんだけでなく、満島真之介さん、江口洋介さん、古田新太さん、高橋英樹さんなど有名俳優陣が声優を務めたアニメ映画です。

ミュージカルもこなす高畑充希さんなりの、また違ったイメージのデイドリームビリーバーです。

 

じゃあ原曲のデイドリームビリーバーってどんな感じ?

これが原曲のザ・モンキーズのデイドリームビリーバー♪

もう歌詞の意味合いが全く違います。

けど、ノリが良いですね♪

 

日本語のデイドリームビリーバーと原曲の違いってなに?

さて、日本語歌詞のデイドリームビリーバーと原曲(英語歌詞)のデイドリームビリーバーの違いって何でしょう?

日本語の歌詞を作ったのは忌野清志郎さんです。

歌詞をしっかりと聴いていると、別れた彼女との思い出を歌った歌詞のようですが、実は違うようで、

 

『母親が亡くなった時に、その母親が実は実母ではなく育ての母親だったことを知り、

実の母親は3歳の時に亡くなっていたことを知った。

忌野清志郎さんがその実の実母への思いを込めた歌詞』

が日本語版だそうです。

 

 

うってかわって英語歌詞のデイドリームビリーバーは・・・

「昔はおれが白馬の王子様って思われていたのに、今じゃ俺の彼女はキャンパスのミスクイーンさ♪

立場が逆転しちゃったけども♪へいへへい♪」

っていう感じの呑気な歌詞になっています。

 

どちらの歌詞も素晴らしいと思いますが、あなたはどちらが好みですか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク