初心者だからこそ覚えるべきスケール!! 上達の秘訣はウンチクを覚えない事?

スポンサーリンク

ギターを弾く上で重要なのが【スケール】です。

 

【スケール】って、上級者向けとして語られる事が多いんですが、
実は初心者こそ覚えるべきものなんです(`・∀・´)/

【スケール】を覚える事でギターの楽しみが増えますからね♪

スポンサーリンク

◇スケールは何故難しい?

一般的に「スケールは難しいもの」というイメージがあります。

それは何故か?

馴染みがないからです。

 

ギターの指板の配置を一生懸命本気で覚えて、
何度も弾いて、やっと出来る。

「そんなものが簡単なハズがない」と思うことは当然で、

それだけではなく、

そもそもスケールってなんぞや!?
という話なんですねヽ(´Д`;)ノ

 

◇スケールってなんぞや?

スケールとは、
それっぽく聞こえるような気がする音の配置です。

 

多分こんな説明をしてしまうと
批判なさる方もいるでしょうけど、

正直言って
ギター初心者がスケールを覚えるのにウンチクは必要ありません

上級者ならこんな記事を読んでいないで
サッサと上級な練習をしたらいいわけですしね(*´∀`*)

 

とにかく、
初心者は
【スケールはそれっぽく聞こえる音の配置】とだけ覚えてくれれば十分です!!

 

じゃあ【それっぽく】って何?って思いますよね?

 

◇スケールで作る、それっぽい音楽

例えば「ドレミファソラシド」って知っていますか?

これって「Cメジャースケール」なんです。

 

何でCメジャースケールなのかはとりあえず置いておいて、

あなたでも知っている音(音階)があるって事で少し安心しませんか?

 

という事で、ここで【それっぽく聞こえる音の配置】について話す訳ですが、

例えば、琉球っぽく聞こえる音の配置があるとしましょう。

実はアナタでも、これを覚えてしまえば
ほぼ何も考えずに簡単に琉球っぽい音が出せちゃうんです♪

 

◇超簡単!!琉球っぽい音の配置

琉球っぽい音を出したかったら
「ドレミファソラシド」から「レ」「ラ」抜くだけ。

ドミファソシドをテキトーに弾いたら琉球音楽っぽくなるんです。

これが「琉球スケール」ですね。
(正式名称は知りませんが(*≧m≦*))
もちろん、上手に弾きたかったらメチャクチャ練習しなければなりませんけど、
練習しなくても【それっぽく聞こえる】のがスケールの良さですから、

初心者の方には是非スケールに触れる時間を作って欲しいです!!

 

◇スケールはギターが上手に出来ない人や練習する人の味方!!

ギターの練習が難しすぎて、嫌になったことはありませんか?

ギターってちょっと難しい部分もありますからねヽ(´Д`;)ノ

でも、色々なスケールが覚えられれば、
難しい曲の練習の合間などでリラックスする為に弾いたり出来ますからね♪

ギターがもっと楽しくなりますよヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク



コメントを残す